面接は、就職や転職が決まる非常に重要な機会です。

普段通りの自分を見せることが大切な面接

普段通りの自分を見せることが大切な面接

普段通りの自分を見せることが大切な面接

面接は、就職や転職が決まる非常に重要な機会です。また、同じ企業の面接は、何度も受けられるわけではありません。チャンスは一回だけの場合があるので、より良い自分を見せるため、質問に対して本心ではない返答をしてしまうことがあります。本心ではない返答でも評価が高くなる可能性がある一方で、本心ではないことが見抜かれる可能性もあることを知っておくことは大切です。特に、経験豊富な面接官は、多くの応募者の面接を行ってきているため、本心ではないことを見抜いている場合があります。

本心ではないことを見抜かれてしまうと、評価が下がる原因になるため、面接は普段通りの自分を見せることが重要です。緊張してしまうことは仕方ありません。ただし、緊張していることと本心ではない返答をすることは別問題です。面接ということで、評価がアップするような返答をしたいと思うことは、おかしいことではありません。しかし、面接で普段とは異なる自分を見せてしまうと、採用後も普段とは異なる自分で働くことになります。面接は、採用していただくための試験です。しかし、その場限りだけでなく、採用後に仕事をすることについても考えれば、普段通りの自分を見てもらうことが、自分にとっても企業にとっても意味があります。