どれくらい仕事を続ける事ができるのかは、実際に働いてみないと分からない部分がありますが、面接で聞かれた際には長く勤める予定でいる事をしっかりと伝えるようにしましょう。

普段通りの自分を見せることが大切な面接

普段通りの自分を見せることが大切な面接

面接では長期間働ける事を伝える

どれくらい仕事を続ける事ができるのかは、実際に働いてみないと分からない部分がありますが、面接で聞かれた際には長く勤める予定でいる事をしっかりと伝えるようにしましょう。あまり長くは働けないかもしれませんと答えてしまう場合や、どんな仕事をするのかによって働く期間が変わってきますと答えてしまう事によって、不採用が確定的になってしまいます。ほとんどの方が長く働く事ができるのかわからないと言う状況の中で、面接を行っている場合が多いですが、長く働く事ができると言う事を伝える事は基本中の基本になります。なぜ企業が長く働かない方を採用しないかと言いますと、採用した意味が無くなってしまうからです。採用して少しの間は、様々な事を教えなくてはなりません。教えると言う事だけでもお金がかかってしまいます。すぐに辞められてしまうと、費用だけが掛かってしまう事になるので避けられてしまいます。

面接で嘘を言って良いのかと考えてしまいますが、その会社が自分のやり方に合っていれば、長く働く事ができるのも確かな事です。長く働けると言って早くに辞めてしまっても、お金を請求されたりすると言う事は無いので、心配する必要はありません。