就職や転職、またアルバイトなどでも面接試験は必ずといっていいほどあります。

普段通りの自分を見せることが大切な面接

普段通りの自分を見せることが大切な面接

受かる面接のポイント

就職や転職、またアルバイトなどでも面接試験は必ずといっていいほどあります。履歴書や筆記テストは得意なのに。この面接試験は苦手という方も多いのではないでしょうか。昔は自分と面接官数人の個人面接が一般的でしたが、最近はグループ面接といった複数人で行うものや、圧迫面接といった答えづらい質問を投げかけられたりすることもあります。履歴書だけではその人の人柄や性格は分からないので、採用する側からすれば面接での印象や内容の方が重要視されます。いくら履歴書にいい大学を出ていて多くの資格をもっていて字がきれいでも、面接でぜんぜん会話ができないや、目をみて話すことができない、声が小さいなどでは受かることは難しいでしょう。

そこで面接で押さえておきたいポイントを上げたいと思います。まず最初と最後の挨拶は大きな声で相手に好印象を与えましょう。面接中の中身も大事ですが、終わった後に印象が残りやすいのは最初と最後です。もう一つ、面接官が投げかけてくる話や質問には、はい・いいえだけではなく、少しの話を付け加えて会話を広げましょう。面接官は話をしなければあなたの事がなにも分かりません。しゃべりすぎるのはよくありませんが、適度に受け答えをして会話をするように心がけましょう。